TS4 区画:South-East1

Willow Creek South-East1

ゲイリー・クローン

ゲイリー・クローン

男性/成人

原作TRPG及び小説では1920年代ロンドンの実業家(社長職)が表の仕事。いわゆる悪人顔の男性。典型的な好事家で様々な学識があり、魔術知識にも詳しい。趣味は絵画。妻と死別しており、日課のようにリリスに結婚を迫っていた。小説版では実質チーム・リーダーでもある。

シムズ4ではカシュネと結婚している。三人の子供たちの父親だが、一人はエイリアンとの子供。仕事はビジネス・キャリア。資産家を目指して、頑張るお父さんである。

カシュネ・クローン

カシュネ・クローン

女性/若年

原作RPGツクール2000版では下級魔族。レオンハルトの部下だった。基本的に忠実な性格だが、上司思いが過ぎて突っ走るタイプだった。割と短気。

シムズ4ではマイペースな女性。料理上手で綺麗好きなのに、放っておくと家事を全くしない。家族が多いため家の中はいつも大変なことになっている。一時期医療系職に勝手に転職してしまっていたが、現在の仕事は調理師。

コメット・スター

コメット・スター

男性/10代

原作TRPG及び小説では童顔だが成人している。表の職業は心霊調査も行う私立探偵。霊能力があり、銃や格闘も得意、探索も出来、さらに高学歴というオールラウンダーな心霊調査員。

シムズ4では10代で投入。ゲーリー宅に居候しており、区画に入るたびに子守や家事に追われている。社交的で友人が多い。活動的なこともあり、初期の頃はどの区画でログインしても彼の姿があった。

レイラ・クローン

レイラ・クローン

女性/子供/エイリアン/二世代

ゲーリーがUFOに拉致された後に産んだ子供。彼女が生まれたすぐ後にカシュネが出産したため、弟のロバートとはほとんど双子のように育った。 血のつながりのないカシュネやコメットとも上手く付き合っている。 原作表示忘れてますが、名前は小説版ゴーストハンターのゲーリーの亡き妻の名前から。

ロバート・クローン

ロバート・クローン

男性/子供/二世代

カシュネがロバートを妊娠する直前ゲーリーがUFOに拉致されてレイラ出産だったので、赤ん坊時代の印象が薄い。最近は下に弟が生まれて、三人兄弟の真ん中という微妙な立ち位置になった。友人は多い方ではないが、家族とは仲良く過ごしている。
原作表示忘れてますが、名前は「ゴーストハンター」でのリリスの友人スコットランドヤードのロバート・ブラウン警部から。

ケヴィン・クローン

ケヴィン・クローン

男性/乳児/二世代

クローン家の第三子。姉にも兄にも初対面で嫌われたようだったが、その後は何事もなく成長中。 レイラが生まれた際のエイリアンなベビーベッドが家族の持ち物に入っていたため、普通のシムなのに自動的に入れられた。
名前は「ゴーストハンター」小説版のケインの知人のブローカー、ケヴィン・スペンサーが由来。

Share