TS4 区画:North-East3

Willow Creek North-East3

ブロディ・ベンスン

ブロディ・ベンスン

男性/成人

原作ではTRPG版には登場しない。小説版1話で敵役で登場。ゴーストハンターたちに命を助けられ、2話から世話役兼連絡担当員として働いている。名前はゴーストハンターのGMが「サイバーパンク2.0.2.0.」で使ったキャラクター”ベンスン”から貰った。強面のアフリカ系大男で腕が立つという設定だけが共通。(さらに元を辿ると1980年代の海外ドラマ「SOAP」の黒人執事の名前から取ったらしい)

シムズ4では犯罪キャリア。(そのうち原作のように転職させるかも知れない)チズルがハナを養女にしていたため、結婚と同時に「パパ」になった。現在は息子のカケルも生まれ、家では結構良い父親である。

チズル・ベンスン

チズル・ベンスン

女性/若年

原作では「鶴女」(鶴女房に由来する妖怪)。TRPG版小説版ともにメインメンバーが集まる喫茶「鈴の音」の店主。生まれは人間で、後天的に妖怪能力に目覚めた。原作でも花の母親的な立ち位置。

シムズ4ではビジネス・キャリアの重役に進んでいる。「Get to Work」以降の店経営も考えたが、シムズ2以降一度も店経営に成功した試しがないので、プレイヤーがその気になれない。夫婦共に料理上手で綺麗好き。

ハナ・ベンスン

ハナ・ベンスン

女性/子供

原作での正体は「トイレの花子さん」。元居た学校が取り壊され路頭に迷った時に千鶴のもとに身を寄せた。人間名は「花」で通っている。TRPGでは無口で年寄り言葉だったが、小説版では体言止め多めの少し大人びた口調で統一した。

シムズ4ではチズルの娘として導入。気が付くと他家の大人シムと不仲になっているのだが、同年代の子供とは何とか喧嘩せずに付き合っているらしい。弟との初対面では激怒していた。

カケル・ベンスン

カケル・ベンスン

男性/乳児/二世代

二世代。名前は小説版「夢幻想奇譚」の未公開作品に登場妖怪てるてる坊主から。「てるてる坊主」の翔と「掃晴娘」の晴の二重人格妖怪で、花と仲が良い。

シムズ4ではまだ赤ん坊なので、どう育つかは全く不明。原作の翔のような陽気な子供になれば嬉しい。

Share