Going Medieval:めざせ、理想郷!13

Steamの早期アクセスPCゲーム「Going Medieval」のプレイ日記です。
早期アクセス作品のため今後のアップデートで仕様が大きく変わる可能性があります。この記事内容は2021年8月現在の物である事をご了承下さい。
なお、この記事で使っているのは超緩い設定の自作シナリオ、戦闘は「ピース」、難易度は「とても易しい」、マップは「谷」になっています。

さて先日のバージョンアップで、前の記事(6月)からあちこち変わっている部分がありました^^; (Experimental Buildsも公開中で、そっちは正式導入にはなっていない部分もある様子)
v0.5.31.0で追加された棚や箱が良い感じです。棚類は床に置きより見た目も良いし、1へクス内に収まる数も多いのでスペースも少しだけ節約出来そう。
Going Medieval
↑画像の右側の部屋は倉庫ですが、手前に食品棚と画面中央付近に本棚を置いています。(序盤の倉庫は整理してないから見にくい^^;)
ちなみに、これはベッドの上で座って採取の動作を繰り返していた開拓者がいたので撮影した画像でした^^; 最速で時間回していると、最近こういうバグった動作になる事があるんですよ。

棚に食品を置く場合は、床板を使わない部屋でも収納出来ます。これ、温度管理面でも良い感じでした。
と言うのも先日別マップで色々実験してみたんですが、床材の断熱効果って「温度を上げる効果」みたいでしたorz
深めに地下室を作って温度を下げても、床材使った部屋は温度が上がってしまって。 でも地面に置くと食品が傷むしどうしたもんかなぁと思っている時に、棚が実装されたので本当に有難かったです。

さて、では本題に入ります。タイトル通り、開拓中の「にゃんにゃこランド」の続きをば。
前の記事で春の最終日までプレイしていたので、今回は一年目の夏の第一日目です。
Going Medieval
夏は通常でも結構暑くなるんですが、毎年の一度は起こる熱波が洒落にならないです。そんな毎年熱波って来るもんなのかなぁ?と思ったり。だって地球温暖化には程遠い中世時代、北海道より緯度が高くて海流の恩恵のある島国のイギリスが舞台でしょう?うーん、 まあそういうもんだと思うしかないかな。

前回までに広い地下一階に掘り下げたのですが、色々と比較検証した結果を踏まえて計画変更しようかと思います。深く掘って通路で幾つかの部屋をつないで行く方が、温度は下がるみたいでしたので。上の方に書いたように、床や壁の断熱効果は高温には期待出来なくて、むしろ地面のままにした方が温度が上がりにくい様子。
ただ私が色々試しているのは山腹マップなので、この谷マップでどこまで掘れるか&どこまで温度を下げられるかはちょっと分かりません^^;
ここは実際に深めの地下室を作って試してみるしかないですねw

という事で、地下二階層以上に掘っていきます。
Going Medieval
今回は右の大部屋から直接降りる階段と、左側の細い通路から地下へ降りるルートを作ってみます。どちらも位置的には地下一階になっています。
以前の記事に「部屋に階段を置くと、階層認識せず一部屋扱いになってしまった」と書いております。なので、今回は階段を降り切った辺りに扉を設置して遮断しようと考えています。

Going Medieval
今日のご飯係のジェフリーさん。キャベツのかごの中に入り込んで調理を始めました。
作業前に必要な資源を置く動作の結果なのかな?それとも他の開拓者が動作キャンセルして別の事を始めたせいなのかな?

建築している部分に使う粘土煉瓦が全く足らないので、どんどん焼いています。 
Going Medieval
朝一番に窯に向かったのはニコラスさんでした。

床板は早々に剥がしてくれたんですが、ジョアンナさんは梁の追加建築。
Going Medieval
まあ彼女は採掘より建築が得意なので問題なしです。この部屋は面積が広い割に梁の数が3つだったんですよ。実験マップでは部屋の下の地面掘った時に、強度が足らなくなって天井が落下。なので、今回は先に梁を増やしておこうと思って。

母屋の二階部分の建築に使う他、梁や階段にも木材を使う予定なので多めに伐採しています。
Going Medieval
伐採担当はエビータさん。

資源回収に向かうジェフリーさん。しかしさっき作ってくれたシチューを先に移動して欲しかった。
Going Medieval
この時は全員運搬の優先1に上げていたので、後ろにいたニコラスさんが部屋に入れてくれました。そして、まだ煉瓦が全然足りておらず、後ろに見える地下室の天井があちこち真っ赤です。

Going Medieval
午前11時頃に大部屋の地面掘ってくれました。階段設置する場所に限ってど真ん中から掘っちゃうのは、まあ想定内です。
反対側の細い通路も大体ニコラスさんが掘っていました。採掘のレベルが元々高めだったので、他の開拓者より優先順位高めにしているせいです。

最後に粘土を窯に入れてくれたので、ちょっと夜更かしになってしまったジェフリーさん。
Going Medieval
遅くまでお疲れ様です。まだ地下室の天井も二階の天井も出来ていませんが今日の作業は終わりです。