House Flipper:お掃除開始

今回はPC版のHouse Flipperの序盤の画像記事です。
元々建築やインテリア設置するゲームが大好きなので、2018年からずっとSteamのウィッシュリストに入れてたんです。でも虫は大の苦手なので「大量のG様登場」という話を聞き、購入していませんでした。後に設定でG様をガラスの破片に表示変更出来るようになったので、機会があれば遊ぼうと思っていました。
今回Valheimのプレイが止まってしまったので購入したという流れです。
買った後にサン電子さんがローカライズしててPS4でも遊べると知りましたが^^; たぶんPS4で遊んでる人の方が多いかも知れませんが、買っちゃったのでPC版な訳です。
ゲーム設定はパフォーマンス重視寄りにして、G様とモグラさんは非表示。DLCは全て購入済。XBOX ONEのコントローラとマウス併用で遊んでいます。
とりあえず開始。
House Flipper
House Flipper
House Flipper
House Flipper
このゴミだらけ雑草だらけの超小さい家が、うちの拠点な訳ですね^^;

House Flipper
使う気になれそうにないシャワールーム付きorz
今は道具は何も使えない様子。出来るのはゴミ拾いとDLCのガーデニングで可能になった庭の雑草取りくらい。
海外のwikiなどで調べてみるとリフォーム購入者に小さい建物であんまり掃除しない状態じゃないと購入してくれない人がいるので、そっちをクリアければあまり掃除や改装はしない方が良いらしい。

House Flipper
確かこの人↑

でも汚いままは嫌だなぁ^^; って事で今回は実績諦めて掃除する事に決定。ざっとゴミと雑草片付けた後、ノートパソコンから仕事を開始。
最初の依頼は女性。仕事内容の要約(ネタバレ。反転して下さい。)


↓(概要欄で見えてしまうので、ネタバレ用に改行挟んでいます^^;)
別れた男に部屋を荒らされ、ラジエーターを盗まれたらしい。どう考えても警察案件だが「通報不要。相手との決着は自分でつける。掃除とラジエーター設置を頼む」って事らしい。相手ストーカーっぽいけど大丈夫か?
(↑ネタバレここまで)

まあ仕事に無関係な事情は私が関与するべきではないが。

では早速現場へ。
House Flipper
ゴミ拾いと床や壁や家具の汚れを落とした後、ラジエーター設置するって流れか。部屋はキッチン付きのメインの部屋と寝室とバスルーム。処置が必要な場所は右上のミニマップに表示されるし、どんな処置が必要かはタスクの進行で確認出来ます。

先に全部屋の状態を確認しつつゴミ拾い^^;
House Flipper
依頼にあるラジエーターの設置ってのは居間の部分だな。

ゴミ拾いが終わったら、この仕事から使えるようになった掃除道具に持ち替えて汚れ落としだ。
House Flipper

キッチン横のテーブルと椅子を整えてっと。ドア横の棚の上で倒れていたロウソクも置き直しとくか。
House Flipper
最後にラジエーター設置。まずはタブレットの購入画面から探さなきゃ。うーん、カテゴリーがちょっと分かりにくいぞ。日本語だと検索もし辛いし。
House Flipper
2タイプあるけれど今回は小さい方ですね。
House Flipper
この手の機器を設置する時には、ねじ止めや配線をプレイヤー自身がしなければなりません。
House Flipper
ラジエーターって私にはあまり馴染みのない物なんですが、以前簡単な構造は調べた事があります。この暖房器具は壁内部や外部タンクなどから本体に水を供給して部屋を温める物なので、ねじ止め以外にパイプをつないで栓を開いておく必要があります。こういう配電や配管の構造を簡略化して見せてくれるのが楽しいですね。現実でコンセントやら排水管をいじるのは怖いけれど、ゲームだから楽しく出来るというか。
これでタスク100%完了。
House Flipper
ポートフォリオに保存して終了です。なんか懐かしいな、ポートフォリオって。シムズ3のスタイリストで使ったきりゲームで使うの初めてかも。

仕事で掃除道具が使えるようになったので、自分の事務所も掃除しようw
House Flipper
House Flipper
掃除しなきゃならない箇所をターゲッティングすると「ホールドすると落とす」と出ます。
自宅の掃除箇所はミニマップに出ないようなので見て回る必要がありますね。
外も中も出来る限り磨いたけれど、バスルームはタイル交換でもしなきゃ綺麗にならないっぽい^^; 仕事をこなしていくと新しいアイテムが使えるようになっていくみたいなので、そのうちタイルも直せるかな。