Going Medieval:丘を越えて03

引き続きSteamのアーリーアクセス「Going Medieval」のプレイ記録です。
現在はMAPシード533683990、サイズ大の山腹(Hillside)。通常モード、難易度「易しい」、相当緩い設定の自作シナリオでプレイしています。
ゲームのバージョンは最新の0.7.10(“New Resources & Cultivation” )。早期公開で頻繁に更新が入ってくるゲームですので、もし記事をご参照になるような場合は日付などご確認下さい。

前の記事の状態で焼き始めた粘土レンガが出来上がって来たので、下に降りる階段を粘土レンガに差し替えます。先に作っておく階段を一つずらしておけば良かったなぁと思いつつ、隣に木の階段を設置。元の階段を一旦破壊してレンガの物を置きました。レンガは建築レベルが低いと結構な頻度で失敗するので、その間に地面掘ったり粘土制作の作業が止まらないようにしました。
Going Medieval
ちょうどそのタイミングで盗賊から脱走した人が村に来たので、襲撃に備えて段差の両端に壁を設置しました。

よそから逃げて来る人は、中立の村から来る場合と完全に敵対している人食い人種の村や盗賊から来る場合がありますよね。前者の場合、受け入れてしまうとその集落との関係が悪くなりますから、私は前日のデータなどからロードし直して敵対集落以外からは受け入れしていません。まあ、受け入れ拒否でも良いんですが全員の気分が下がってしまいますしねぇ。ロードでのやり直しをしない主義で通すプレイの場合は、拒否したり追い出したりも必要になるかも知れませんが、今のプレイではロードし直します。

ただ、そうなると毎回必ず相手を戦闘になってしまい、敵が落とした装備などを拾っていると倉庫がかなり圧迫されるんですよね^^;
Going Medieval
一年目春の9日目で既にこのくらいの状態。以前の記事で書いたように棚類の他に、木製武器や衣服のワークベンチを研究して分解したい所です。ただ服や帽子は村に来る商人さんが買い取ってくれますし、質の悪い武器や防具で我慢するなら使うのも有りです。(私は良い以上の武器防具しか使いません)

さて、粘土レンガの階段が完成したので、木の階段を破壊。
Going Medieval
木の階段のあった場所を掘ってもう一つ下へ降りるために粘土レンガの階段を作ります。
Going Medieval

一番下の階段の周囲を掘っていく。
Going Medieval
この段階で夏が来ました^^;  
Going Medieval
そのまま前の壁(崖の側面)を掘り進めています。入口に一つと曲がり角の向こうにドアを2つ設置する予定。
Going Medieval
一本道の通路を掘っている時は他の村人の作業が進まないので、近くの崖にショートカット用の階段を作り、自然にあった斜面を除去。この階段を使って敵が攻めてくるので、枝の罠も仕掛けておきます。初期住人は全員ライトクロスボウを持って来てるから、建物屋上から射撃出来ます。
Going Medieval
ニンジンの収穫が始まっているので、とにかく地下に食糧庫を作りたいところ。キャベツは既に一度収穫しているので、順次調理。まだ開発が進んでいないため酒類が造れないから、アカスグリも食用^^;

掘り進んだ状態がこちら。
Going Medieval
掘りながら出来た部分から食糧用の保存棚を作って運び入れています。food storage1と書いた方の棚は現状は食糧と薬だけを保管しています。food storage2が完成したら、そちらを食糧専用倉庫に、food storage1には種用の棚を各種一つずつ、壁の周囲の棚は薬草と治療薬、中央付近の棚は食糧と薬草の兼用にしておく予定。

私の地下室作りはお手本になりませんが、広さは9×9、間に3箇所木の梁を使っています。部屋同士は3へクス開けて間にドアを二つ設置。この構造だと梁をうっかり削除すると天井が落ちるので、ちょっと人様に薦められません^^; (倉庫が狭いのが嫌なのでこの広さにしていますが)

夏の初めに新しい住人が増えました。こういう戦闘なしで来る人は変な性格さえついていないなら歓迎。
(デフォルトでやるとそれが結構難しいわけですが、自作シナリオで幾つか優先的につく性格を多めに設定しておけばその中から決まる事が多くなります^^;)
Going Medieval

数日後には追っ手付きの人も来ましたよorz
Going Medieval
何度かロードし直して川の野盗になったので受け入れ決定。現在人手が増えるのは歓迎です。
でも正直な話、このペースで増えると1年後には手が余るかも知れません。大規模な建築や土木工事する場合は割と何とかなると思いますが、冬の期間にやることがなくなったりします。そういう意味では難易度高めでのプレイが良いんでしょうね^^; 

Going Medieval
取り急ぎ段差の横の壁は粘土レンガに出来ましたが、建物が木造な上に屋上には胸壁がないという。建物パーツは移築出来ないから、この段階で胸壁作りたくなかったからなんですが。研究が進んでいたので、襲撃で鉄製品が落ちたら分解するために溶鉱炉を作っておきました。溶鉱炉や粘土焼きの窯は移築出来るので仮置きでもOK。

このイベントのタイトルは「落とし物」らしい。
Going Medieval
穏やかに、脅すように、ものすごい剣幕だったらしいです^^; 難易度低めだから拒否一択ですよ。

普通に勝てましたが、ちょっと怪我人が出てしまいました。
Going Medieval
難易度低いからこのダメージで済んだけれど将来的に難易度上げるなら、もう少し上手くプレイしなきゃですね。建築も立ち回りも。

勝利宣言の後にまだ一人敵が残っていました。もちろん一斉射撃されました。
Going Medieval
ドアは破壊までいかなかったんですが、ちょっと壊れていたので修理が必要でした。
こちら側の敵進路が今回の襲撃で分かったので、潜入ルートを整理して近くには罠を設置しておきますか。とは言え、今回負傷したレイナードさんが建築一番上手いんで、回復までの間は落ちた装備や遺体回収ですね。数日後には商人さんが来るはず。

この戦闘の翌日、影響力が広がったというメッセージが出ました。
Going Medieval
とは言え、地図テーブルがまだ作れていないので(置く場所もなかったし)どの位広がったのかは見ることは出来ませんでした。
夏も残り3日となった夕暮れの事でした。
今回の記事はこの辺で。